虫歯菌段階別治療法

◆CO:初期虫歯
歯の表面が濁ったような白になり、エナメル質の透明感が失われた状態です。
歯科医院でなければ発見できない虫歯ですが、歯を削らず、また痛みの少ない治療ができます。

患者様にあった歯磨き方法を説明し、歯質を強化するフッ素塗布などをおこなうことにより、歯の再石灰化が促進され自然治癒が期待できます。歯科医院での経過観察(定期検診)と、ご自身での適切な口腔ケアができれば、虫歯が大きく発展することはありません。

◆C1:エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始めた小さな虫歯です。
これは痛みを感じないためご自身での発見は難しいですが、この段階での虫歯治療であれば歯を削らないでの治療が可能です。

○歯科医院での虫歯治療
C0の虫歯治療とほぼ同じで、歯磨きの説明やフッ素塗布をおこないます。エナメル質が溶けているのでしっかり経過観察をおこなうことが大切です。
虫歯が進行する可能性が高い場合は歯を削ることもあります。

◆C2:象牙質の虫歯
象牙質まで進行した虫歯になります。歯髄(神経)に近づくにつれ、歯のしみや痛みを感じるようになります。
象牙質はエナメル質より柔らかく虫歯の進行が早いので、歯を大きく削ることにならないためにも早急な治療が大切です。

○歯科医院での虫歯治療
虫歯に侵された象牙質を除去し、つめ物をします。
一般的に、レジン(プラスチック材)を詰める治療です。
比較的大きな奥歯の虫歯は金属を詰める場合もありますが、ハイブリッドセラミックなど歯と同じ色の材質を詰めることもでき、2~3回の治療が必要です。

◆C3:歯の神経(歯髄)の虫歯歯
歯の神経に達した大きな穴が開いた虫歯です。
すでに歯の神経は死んでしまい、炎症(歯髄炎)を起こしている場合にはズキズキと激しい痛みがあります。

○歯科医院での虫歯治療
歯の神経(根管治療)と虫歯に侵された象牙質の除去をきちんとすることで、歯を助けることができます。つめ物やかぶせ物をして治療終了です。

◆C4:末期の虫歯
虫歯で歯の頭の部分(歯冠部)が溶け、歯根だけが残った状態。歯の神経(歯髄)は死にすでに痛みもありません。
歯根先端部に膿胞(袋状の膿)ができると、歯を残すことも困難になり抜歯することもあります。
痛みがなくても、無数の虫歯菌の住み家になっています。他の健康な歯を守るためには早急な治療が必要です。

○歯科医院での虫歯治療
歯根を生かせる場合はC3と同じ治療になります。
抜歯した場合、両側の歯を支えにブリッジをおこないます。2本以上歯がない場合は部分入れ歯になります。

早期の段階は歯周病を起こす原因菌が歯の表面にくっつき、それが理由で歯肉が炎症を起こしてしまって赤く腫れたり、歯みがきをすると出血してしまうような症状が出るのが歯肉炎の特徴なのです。
口の臭いを放置すると、第三者への迷惑はもとより、自己の精神衛生的にもひどい負担になるかもしれません。
口の臭いを抑える作用のある飲料としてコーヒーが有名ですが、たくさん飲みすぎるとなぜか口の中が乾いてしまい、意に反して嫌な口臭の要因となってしまうようです。
唾液分泌の減少、歯周病や、入れ歯を使用することが原因で起こる口の臭いなど、年を取ることと口臭の関わり具合には大層大量の理由がありそうです。
ある研究結果では、顎関節症という自覚症状のなかった人でも、約4割の人が歌を歌ったりするシーンでこれとよく似た不快な音がしているのを知っていたようです。


審美歯科治療としてこのセラミックを使用する場合には例えば歯冠継続歯の交換等が実用法としてありますが、歯への詰め物などにも馴染み深いセラミックを練りこむことが可能なのです。
歯科衛生士が在宅での医療で要望されるのは、まずは患者さんの口の中を清掃して清潔にすることです。患者の口のなかが汚れたままだと、細菌が増殖した不衛生なカスをそのまま飲み込む危険性があります。
糖尿病という一面から考究すると、歯周病という病のために血糖の調節が至難になり、それが要因となって糖尿病に拍車をかけることを招く可能性も考えられます。
日々の歯ブラシでのケアを隅々まで行っていれば、この3DSの結果、むし歯の原因菌の減った状態が、ほとんどのケースでは4ヶ月~半年位キープできるようです。
唾液という分泌物は口内の掃除屋さんとも呼ばれるくらい重要なものですが、その分泌量が減少すれば、口の中の臭いが気になってしまうのは仕方がないことだと考えられます。


歯の持つ色とは実際のところ純粋な白色では無い事が多く、人によっては差はありますが大体の人が持つ歯のカラーはイエロー系やブラウンっぽく色が付着しています。
歯を矯正することにより容姿に対する劣等感から悩みがある人も笑顔とプライドを再び手元にすることが叶うので、肉体的にも精神的にも充実した気持ちを我が物にできます。
昔は歯周病の治療目的は、病気の悪化をゆっくりさせたり食い止めることに考え方が偏り、健全だった頃の歯や歯茎の状態に改善する事は不可能でした。
嫌なプラークが蓄積する前に、日々歯石のケアをおこなうことがものすごく肝要なポイントになります。歯垢の付着しやすい所はしっかり磨き上げることがとりわけ大切になります。本来の歯に似せて作られた歯の抜き出しがやれるというのは、月日を重ねるにつれて変化を見せる歯や顎関節のシチェーションに対応して変更が実践できるということです。

歯の管理は、美容歯科に関する施術が終わり希望通りの出来具合だとしても、おざなりにせずにずっと続けていかないと徐々に元に逆戻りしてしまいます。
口の匂いが気になって、市販のガムや洗浄液などをよく利用している場合であれば、歯垢の除去をまず始めにトライしてみてください。不愉快な口臭が治まってくると思います。
審美歯科で行われる診察は、「悩みの種はいったいどういうものか」「どういった笑い顔を手にしたいのか」をきっちりと対話することを基本にして開始されます。
上顎と下顎の歯のかみあわせのトラブルの中でもことさら前歯が何度もぶつかり合うような場合だと、歯を噛み合わせるたびに圧力が、上の顎骨の前や鼻骨などに集中します。
眠っているときは分泌される唾液の量がことに微量なので、再び歯を石灰化する働きが起こらず、phバランスの悪い口の中の中性のphバランスを持続することが難しくなります。

規則正しい暮らしに注意し、唾液からの復元作業をもっと促進するという要旨を見極めた上で、大切な虫歯予防に集中して熟慮する事が願わしいのです。
エムドゲイン治療剤を歯周外科治療の時に塗ると、最初に歯が生えてきた時の状況と同じような、強堅に一体化する歯周再生の進展が可能になります。
歯を矯正することでスタイルに対する劣等感から、悩みを抱えている人も明るさとプライドを蘇らせることが叶うので、内外面ともに豊かな気持ちを取得することができます。
いま現在、虫歯の悩みを有している人、はたまた前にムシ歯の悩みがあった人、実に日本人のおよそ9割がこのようなムシ歯菌を、十中八九擁していると言われています。
一般的にインプラントとは、歯肉の内部にしっかりと存在している顎の骨に、身体への負担の少ないチタンでできた人工歯根をはめ込んで、その部位に人造歯を確実に設置する口腔内対策です。

虫歯を予防するためには、歯磨きばかりでは至難になり、核心は虫歯のきっかけとなる原因菌を除くことと、虫歯の状態の進展を押さえるという2点と言えます。
審美の観点でも仮歯は主要なアイテムです。目の間をつなげる直線と前の歯の先の部分が平行でなければ、まるで顔全体が歪んだイメージを受けます。
口角炎の理由の中でも格段に移りやすい状況は、親子同士の伝染です。なんといっても、親の愛情があって、いつでも近くにいるのが一番大きな理由です。
最近になって歯周病の元凶を消すことや、原因菌にダメージを受けた範疇をクリーンにすることで、組織の新しい再生が促されるような処置が考え出されました。
軽く噛むだけで鈍痛がうずく入れ歯、ぴったりはまっていない入れ歯は、それによってきっちりと噛み合わせることができずに丸ごと嚥下してしまうケースが、増大してしまうとのことです。